TEXT FILE を入力

XNA で TEXT FILE を入力します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの設定

  1. XNA でゲームの制御データなどがタイプされた TEXT 形式のファイルを入力します。
  2. Unicode(UTF8 シグネチャ(BOM)付き)で TEXT 形式のファイル(data.txt)を用意して下さい。
    Shit-JIS でも構いませんが、全角文字が文字化けします。
    もっとも制御データだけであれば、半角文字で十分かも知れません。 (^_^;)
    適当なフォルダーに data.txt を格納して下さい。
    私は Content\datas\data.txt にファイルを格納しましたが、フルパスを設定するので場所は問いません。
  3. ファイルを扱うときは System.IO を定義します。
    using System.IO;
    
  4. Initialize()メソッドでdata.txtを入力してConsole.WriteLine()で印字しています。
    Path.Combineでdata.txtが置かれているパスを設定します。
    Content\datas\data.txtに格納したときは"..\\..\\..\\Content\\datas\\data.txt"になります。
    Console.WriteLine(path);で設定されたパスを確認しています。
    new StreamReader()でファイルをオープンします。
    StreamReader()のtrueはdata.txtファイル先頭の制御コードを調べるフラグです。
    Shit-JISを使っているときはfalseにして下さい。
    fs.ReadLine()でワンラインずつ入力しながらConsole.WriteLine();で表示します。
    オープンしたファイルはfs.Close();でクローズして下さい。
            protected override void Initialize()
            {
                string path, w;
                // TODO: Add your initialization logic here
                base.Window.Title = "XNA Game Studio";
    
                path = Path.Combine(StorageContainer.TitleLocation, "..\\..\\..\\Content\\datas\\data.txt");
                Console.WriteLine(path);
    
                StreamReader fs = new StreamReader(path, true);
                while ((w = fs.ReadLine()) != null)
                    Console.WriteLine(w);
                fs.Close();
    
                base.Initialize();
            }
    
  5. Console.WriteLine()で印字した内容は「出力ウインドウ」に表示されます。
    プログラムを実行して「出力ウインドウ」の表示を確認して下さい。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

超初心者のプログラム入門(XNA(C#) game program)