PlaySound() で WAVE を鳴らす

VC++ の PlaySound() で WAVE を鳴らすだけなら簡単です。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの設定

  1. 新規プロジェクトから DialogBox のプロジェクト(Wave)を作成します。
    DialogBox の基本は Dialog Box のプログラム を参照して下さい。
  2. ページ先頭の画像を参考にして DialogBox を作成して下さい。
    キャプションとIDを次のように設定して下さい。
    BOX キャプション ID
    DialogBox Dialog IDD_DIALOG1
    Button WAVE IDOK
    Button CLOSE IDCANCEL
  3. 次のファイルをプロジェクトのフォルダーに格納して、Wave.cpp をプロジェクトに追加して下さい。
    Chimes.wav は Windows のフォルダーに格納されています。
    ファイル 説明
    Wave.cpp DialogBox のソースプログラム
    Chimes.wav 演奏する WAVE ファイル
  4. Wave.cpp のソースコードは、このページの後に掲載しています。
    PlaySound() は mmsystem.h で定義されています。
    "winmm.lib" のリンクが必要ですが、#pragma で記述しているので特に操作は不要です。
    詳細は Windows Guid から「パスの設定」を参照して下さい。
  5. ビルドに続いて実行を行います。
    WAVE ボタンをクリックして Chimes.wav が演奏されたら完成です。
  6. PlaySound() が WAVE ファイルを演奏する関数で、SND_LOOP を設定すると繰り返し演奏されます。
        PlaySound("chimes.wav",NULL,SND_FILENAME | SND_ASYNC);
        PlaySound("chimes.wav",NULL,SND_FILENAME | SND_ASYNC | SND_LOOP);
        
    再生を終了するときは PlaySound(NULL,NULL,NULL) です。
        PlaySound(NULL,NULL,NULL);
        

超初心者の方のために全ソースコードを掲載します。 (^_^;)
全ソースコード

超初心者のプログラム入門(Win32API C++)