データベースのインストール

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

MySQL とは

ビジネスアプリケーションではデータベースを核としてプログラムが構成されます。
従ってデータベースを抜きにしてはビジネスアプリケーションを語れません。
そこでまず最初にデータベースのインストールから説明しましょう。

非常に多くのデータベースが開発されているのですが、誰もが無償で利用できるソフトとして MySQL があります。
MySQL はコマンドラインから対話形式で操作できるフリーの使い易いデータベースです。
PHP との相性も良く、ネットワークゲームのデータベースとしても良く使われています。
PHP にも言えることですが無償で提供されているので 多少の不具合は覚悟 しなければなりません。
最終のバージョン(Ver 6.X)は開発/研究用で、少し前の使いこなされたバージョンがお勧めです。
実用的には日本語のドキュメントも豊富で、使用実績も多い Ver 4.X が適しているでしょう。

MySQL のインストール

  1. MySQL はフリーの有名なソフトなのでネットを検索すればすぐ見つかるでしょう。
    私は mysql-4.0.13-win.zip をダウンロードして来ました。
  2. 以前使っていた古いバージョンをアンインストールします。
  3. ダウンロードした MySQL を解凍します。
  4. 解凍されたフォルダーの Setup.exe を起動してインストールします。
    インストールは簡単で規定値のままクリックするだけです。

MySQL の確認

  1. 事前に c:\mysql\bin にパスを通しておいて下さい。
  2. MySQL を使うときには事前に winmysqladmin.exe を実行して MySQL サーバーを立ち上げます。
    ダブルクリックで起動してタスクバーにアイコンが登録されたら準備完了です。
    タスクバーのアイコンをクリックして MySQL サーバーの起動/停止が出来ます。
    c:\mysql\bin\winmysqladmin.exe
  3. スタートボタンからコマンドプロンプトを起動して下さい。
    「mysql.exe」をタイプして実行すると MySQL が起動します。
    「コマンドとして認識されていません」が表示されるときは Path 環境変数などを確認して下さい。
    C:\Documents and Settings\maeda>mysql.exe
  4. 次のコマンドをタイプして「コマンドの一覧」が表示されたらOKです。
    mysql> ?
  5. exit で終了します。
    mysql>exit
  6. MySQL サーバーを終了するときはタスクバーのアイコンをクリックします。
    [Win NT] から [Shut Down this Tool] を選択して下さい。
  7. mysql を root で起動する場合です。
    「mysql -u root -p」をタイプして実行します。
    パスワードを聞いてくるので、インストールのとき何も設定していなければ Enter をタイプします。
    root のパスワードとして「root」が良く使われますが、パスワードの役目を果たしませんね。 (-.-;)
    C:\Documents and Settings\maeda>mysql -u root -p
    Enter password: ****

超初心者のプログラム入門(Win32API C++)