フォルダーを作成する

VC++ の CreateDirectory() でフォルダーを作成します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの設定

  1. 新規プロジェクトで[空のプロジェクト](MKDir) を作成します。
  2. フォルダーを作成する MKDir.cpp のソースコードです。
    事前に親のフォルダー(C:\TMP)を作成しておいて下さい。
    /***************************************/
    /*★ Directory を作成する    前田 稔 ★*/
    /***************************************/
    #include    <windows.h>
    char    dir[24]= {  "C:\\TMP\\W"  };
    //char    dir[24]= {  "C:\\TMP\\WW\\"  };
    
    //★ Windows Main 関数
    int PASCAL  WinMain(HINSTANCE hInst, HINSTANCE, LPSTR, int nCmdShow)
    {
        if (CreateDirectory(dir,NULL)==TRUE)
            MessageBox(NULL,dir,"Directory を作成しました",MB_OK);
        else
            MessageBox(NULL,dir,"Directory を作成できません",MB_OK);
        return 0;
    }
        

【演習】

  1. 作成したフォルダー(C:\TMP\W, C:\TMP\WW) に C:\TMP\A.TXT のファイルをコピーして下さい。
    ファイルをコピーするときは CopyFile() を使います。
    第三引数が TRUE の場合は既にファイルが存在すると失敗しますが、FALSE の場合は上書きします。
  2. フォルダー間でファイルを移動するプログラムを作成して下さい。
    前のページで MoveFile() でファイル名を変更しましたが、この関数でファイルを移動することもできます。

【NOTE】

  1. DeleteFile()関数
    ファイルを削除します。
    DeleteFile(LPCTSTR FileName);
    ソースコード 説明
    FileName 削除するファイル名
  2. CopyFile()関数
    ファイルをコピーします。
    CopyFile(LPCTSTR ExistingFile,LPCTSTR NewFile,BOOL Flag);
    ソースコード 説明
    ExistingFile コピー元のファイル名
    NewFile コピー先のファイル名
    Flag TRUE の場合は既にファイルが存在すると失敗
  3. MoveFile()関数
    ファイルの移動(同じドライブに限る)または、ファイル名の変更を行います。
    MoveFile(LPCTSTR ExistingFile,LPCTSTR NewFile);
    ソースコード 説明
    ExistingFile 変更前(移動前)のファイル名
    NewFile 変更後(移動後)のファイル名
  4. CreateDirectory()関数
    ディレクトリ(フォルダー)を作成します。
    CreateDirectory(LPCTSTR Path,LPSECURITY_ATTRIBUTES Attributes);
    ソースコード 説明
    Path 作成するディレクトリ(フォルダー)名
    Attributes セキュリティ構造体へのポインタ
  5. RemoveDirectory()関数
    ディレクトリを削除します。
    事前にディレクトリの中を空にして下さい。
    RemoveDirectory(LPCTSTR Dir);
    ソースコード 説明
    Dir 削除するディレクトリ

超初心者のプログラム入門(Win32API C++)