プログラムの設計

Alpha Cannel 対応の BMP32bit ファイルの作成と描画ツールです。
Alpha Cannel とは R(赤), G(緑), B(青) 以外に A または W と呼ばれる Alpha Cannel を付加した画像です。
Alpha Cannel を使う事により、ピクセル単位で透明度の設定が可能になります。

完成版は 前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門 から「Game Program & Tool のダウンロード/「Alpha Cannel 対応画像ツール」から提供しています。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

「Alpha Cannel 対応」画像ツールの設計

  1. Alpha Cannel に対応した画像ツールは、ネットで検索してもあまり見かけません。
    DirectX Texture Tool が Alpha Cannel に対応しているのですが、DDS と呼ばれる特殊な形式で一般的ではありません。 (^_^;)
    一般に出回っている BMP32bit 画像の多くは、32ビットで作成されていても Alpha Cannel は使われていません。
    また仮に Alpha Cannel が使われていても Windows Explorer などで表示しても Alpha Cannel が無視されて通常の画像として描画されます。
    そこで Alpha Cannel に対応した BMP32bit 画像の作成と描画を行うツールを開発することにしました。
  2. プログラム仕様

[Next Chapter ↓] Object Class

超初心者のプログラム入門(Win32API C++)