C# Key

図形をキー操作で移動します。
  1. Unity を起動して 2D を選択して Project を生成します。
    メニューから[Save Scene]を選び Main の名前で保存します。

  2. メニューの Assets/Create/Sprites から Circle を選ぶと Assets に円が追加されます。
    Assets からヒエラルキービューに Circle をドラッグするとシーンビューに Circle が表示されます。
  3. 画面左下の [Projectタブ][Createタブ] から [C# Script] を選択すると NewBehaviourScript.cs が作成されます。
    NewBehaviourScript.cs を修正して保存して下さい。
    Start() 関数がプログラムの起動時に呼び出される関数で、Update() がフレームごとに毎回呼び出される関数です。
    Start() 関数は使わないので削除して下さい。(そのまま残しておいてもOK)
    float x には「→キー」を押すと +1 が、「←キー」を押すと -1 が設定されます。
    float y には「↓キー」を押すと +1 が、「↑キー」を押すと -1 が設定されます。
    using UnityEngine;
    using System.Collections;
    
    public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour {
    
        void Update () {
            float x = Input.GetAxis("Horizontal");
            float y = Input.GetAxis("Vertical");
            transform.Translate(new Vector3(x * 0.2f, y * 0.2f, 0));
        }
    }
    
  4. NewBehaviourScript.cs を Circle にアタッチ(NewBehaviourScript.cs を Circle に Drag & Drop)して下さい。
    再生ボタンをクリックして矢印キーを押すと Circle が移動します。
    3Dのキー操作は C# Script Key を参照して下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)