Texture

モデルにテクスチャを貼り付けます。
  1. Assets に Material を追加して、モデルにテクスチャを貼り付けて描画します。
    Material の代表的なものはカラーとテクスチャーですが、今回はテクスチャを貼り付けます。
  2. ショートカットをダブルクリックして Unity を起動します。
    右上の[NEW]をクリックして、新規 Project を作成します。
    Project name には Texture とタイプします。
    詳細は Unity Project を参照して下さい。
  3. メニューの GameObject→3D Object から Cube を追加して下さい。
    正面から描画したのでは他の面が見えないので下図のように Cube を回転して下さい。
    モデルを操作する方法は Unity Layout を参照して下さい。
    画面上部中央の Play ボタン(右三角アイコン)で実行を確認して下さい。
  4. メニューの Assets→Create→Material を選択するとヒエラルキービューに New Material が追加されます。
    New Material の Inspector から画面右上の[Shader]から Unlit/Texture を選択します。
    Select ボタンから「周辺がぼやけた円の画像」を選択して下さい。

  5. Assets の New Material をヒエラルキービューの Cube にドラッグ(アタッチ)するとテクスチャが貼り付けられます。
    メニューの File→Build Settimgs→Build & Run で確認して下さい。

Jpeg Texture

  1. あらかじめ準備された画像では無く、JPEG 画像をテクスチャとして貼り付けてみます。
    start.jpg の画像(画像は問わない)をプロジェクトのフォルダーに格納して下さい。
    メニューの Assets→Inport New Assets から start.jpg を選択するとプロジェクトパネル(Assets) に start.jpg の画像が追加されます。
  2. Assets→Create→Material を選択するとヒエラルキービューに New Material が追加されます。
    New Material の Inspector から画面右上の[Shader]から Unlit/Texture を選択します。
    Unlit/Texture の矩形(画面右上)に star.jpg をドラッグすると Material にテクスチャが設定されます。
  3. Assets の New Material をヒエラルキービューの Cube にドラッグするとテクスチャが貼り付けられます。
    メニューの File→Build Settimgs→Build & Run で確認して下さい。

  4. GIF 画像を試してみましたが使えるものと使えないものがあるようです。
    (GIF のバージョンによって違う?)
    使えない場合は Assets に Inport しても Icon に縮小画像が表示されません。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)