Shot

弾丸(Ball)を発射します。
  1. Unity Project を参照して Project を作成して下さい。
    Projection name には Proj とタイプします。
    メニューから [Save Scene] を選び Main の名前で保存します。
    [GameObject][3D Object] から Sphere を追加して 名前を Ball に変更して下さい。
    右三角(再生ボタン)で Object の描画を確認します。

  2. 画面左下の [Projectタブ][Createタブ] から [C# Script] を選択すると NewBehaviourScript.cs が作成されます。
    Start() 関数がプログラムの起動時に呼び出される関数で、Update() がフレームごとに毎回呼び出される関数です。
    Start() 関数は不要なので削除します。
    Translate() 関数が弾丸を移動する関数です。
    "Jump" がスペースキーを意味するシンボルで、position() 関数で Ball を元の座標に戻します。
    キーの割り当ては [Edit][Project Settings][Input] を選び、画面右の [Inspector][Axes] から確認して下さい。
    using UnityEngine;
    using System.Collections;
    
    public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour {
    
        void Update () {
            if (Input.GetButtonUp("Jump"))
            {   transform.position = new Vector3(0, 0, 0);
            }
            else
            {   transform.Translate(new Vector3(0.3f, 0.01f, 0.1f));
            }
        }
    }
    
  3. NewBehaviourScript.cs を Ball にアタッチ(ドラッグして関連付)して下さい。
  4. 再生ボタンで実行すると Ball が右上奥に向かって発射されます。
    スペースキーを押すと Ball が元の座標に戻ります。
    2Dの Shot は 2D Shot を参照して下さい。
    Object の移動は Java Script Guid を参照して下さい。

[Next Chapter ↓] 連射

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)