Ball & Flow

自動的にボールが Flow 上に落下します。
  1. Ball Drop の続きです。
    Ball Drop では、再生ボタンをクリックするとボールが限りなく落下しました。
    今回は Flow を設定して Flow 上に落とします。
  2. [GameObject][3D Object] から Cube を追加して、名前を Flow に変更して下さい。
    Flow の Inspector を表示して、Position に x=0, y=0, z=0 をタイプして下さい。
    また Scale に x=10, y=1, z=10 をタイプして下さい。

  3. 再生ボタンをクリックしてボールが Flow 上に落下して留まることを確認して下さい。
    本来ならこのような処理はプログラムで制御するのでしょうが Unity には落下や衝突の機能が備わっているようです。

[Next Chapter ↓] Boll Bound
[Previous Chapter ↑] Drop

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)