FBX Rocket

XNA シューティングゲームの Rocket を発射します。
FBX 3DModel モデルは XNA FBX Model から取得して下さい。

p1_rocket_proj.fbx を描画

  1. XNA に添付されているロケットのモデル p1_rocket_proj.fbx を発射します。
    Unity を起動して [NewProject] から3Dプロジェクトを作成して下さい。
  2. ウインドウ・エクスプローラーを起動して Assets に p1_rocket_proj.fbx をドラッグします。
    モデルと同時に [Assets/Materials] のフォルダーとマテリアルが作成されます。
  3. Assets を右クリックして Create→Folder から [Assets/Textures] のフォルダーを作成します。
    Textures に p1_rocket.gif の画像をドラッグします。
  4. Assets からヒエラルキービューに p1_rocket_proj をドラッグするとシーンビューにロケットが表示されます。
  5. [Assets/Materials/p1_rocket.mat] を選択して Inspector から画面右上の Shader に Unlit/Texture を選択します。
    Texture の矩形に p1_rocket.gif をドラッグします。(ページ先頭の画像を参照)
  6. Assets を選択して [Projectタブ][Createタブ] から [C# Script] で Rocket.cs を作成します。
    using System.Collections;
    using System.Collections.Generic;
    using UnityEngine;
    
    public class Rocket : MonoBehaviour {
    
        void Update () {
            if (Input.GetButtonUp("Jump"))
            {   transform.position = new Vector3(0, 0, 0);
            }
            else
            {   transform.Translate(new Vector3(-0.03f, -0.01f, -0.1f));
            }
        }
    }
    
  7. Rocket.cs を p1_rocket_proj にアタッチアタッチします。
  8. カメラの姿勢を調整します。
    X Y Z
    Position 9 1.8 -10
    Rotation 0.32 -64 0.3
  9. 再生ボタンで実行するとロケットが飛んで行きます。
    Space キーでロケットが元の座標に戻ります。
    Assets を右クリックして Create→Folder から Assets/Prefabs を作成します。
    ヒエラルキービューの p1_rocket_proj を Prefabs にドラッグして削除して下さい。

p2_rocket_proj.fbx を描画

  1. p1_rocket_proj.fbx に代えて p2_rocket_proj.fbx を発射します。
  2. ウインドウ・エクスプローラーを起動して Assets に p2_rocket_proj.fbx をドラッグします。
    [Assets/Textures] に p2_rocket.gif の画像をドラッグします。
  3. Assets からヒエラルキービューに p2_rocket_proj をドラッグします。
  4. [Assets/Materials/p2_rocket.mat] を選択して Inspector から画面右上の Shader に Unlit/Texture を選択します。
    Texture の矩形に Assets/Textures/p2_rocket.gif をドラッグします。
  5. Rocket.cs を p2_rocket_proj にアタッチします。
  6. カメラの姿勢は p1_rocket_proj の時と同じです。
  7. 再生ボタンで実行するとロケットが飛んで行きます。
    ヒエラルキービューの p2_rocket_proj を Prefabs にドラッグして削除して下さい。
  8. Prefabs はゲームに使う資材置き場で、ヒエラルキービューにドラッグして実行することが出来ます。
    Assets/Prefabs から p1_rocket_proj, p2_rocket_proj をドラッグして実行を確認して下さい。
    メニューから File→Save Scene を選び Main の名前で保存します。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)