Earth Rotation

地球と月をタイムラインで回転しながら描画します。

球に Texture を貼り付ける

  1. Sphere(球)に Texture を貼り付けて地球を作成します。
    Unity を起動して3D Project を生成します。
  2. メニューの GameObject→3D Object→Sphere をヒエラルキービューに追加します。
  3. メニューの Assets→Inport New Assets から C:\DATA\Earth.jpg を選択します。
    Earth.jpg の画像はページ先頭から提供しています。
    プロジェクトパネル(Assets)に Earth.jpg の画像が追加されます。
  4. メニューの Assets→Create→Material を選択すると New Material が Assets に追加されます。
    New Material の Inspector から画面右上の [Shader] から Unlit/Texture を選択します。
    Unlit/Texture の矩形に Earth.jpg をドラッグするとテクスチャが設定されます。
  5. Assets の New Material をヒエラルキービューの Sphere にドラッグするとテクスチャが貼り付けられて地球のようになります。
    Scene 画面に表示される地球のサイズと位置を整えて下さい。

  6. 再生ボタンで実行すると Sphere に Texture を貼り付けた地球が描画されます。

Sphere(球)を回転する

  1. ヒエラルキービューの Sphere を選択して、メニューから Windows→Animation でウインドウ開きます。
    問い合わせがあるので Create ボタンでそのまま(Assetsに)保存して下さい。
  2. Add Property ボタンから Transform→Rotation 右端の「+」をクリックします。
    Animation ウインドウの左側に Sphere:Rotation が追加されます。
  3. ▼Sphere:Rotation 先頭の右三角を開いて回転を設定します。
    Rotation.y に 360 をタイプして、Animation ウインドウ左隅上の赤い●ボタンをクリックして記録します。
  4. Samples に10をタイプすると右端のキーが 6:00 になります。
    Animation ウインドウ左隅上の赤い●ボタンをクリックして記録を完了します。
  5. 赤い●ボタン横の再生ボタン(右向きの▲)をクリックすると、Sphere(球)がゆっくり回転します。
  6. Animation ウインドウを閉じて画面上部の再生ボタンで実行すると Sphere(球)が回転しながら描画されます。
  7. Assets には Sphere.controller と New Animation.anim が作成されています。
    メニューの Save Scene から Main の名前で保存して終了して下さい。
    Script で回転するプロジェクトは C# Script Guid を参照して下さい。

回転の調整

  1. 背景を真っ暗に設定します。
    Main Camera を選択し Clear Flags に Solid Color を選択します。
    Background の四角をクリックして Color を表示します。
    カラービューから黒を選択すると背景が選択した色に設定されます。
    (または R,G,B,A の値に全て0を入力すると背景が真っ暗になります)
  2. このままでは、回転の終盤になると回転速度が落ちています。
    ヒエラルキービューの Sphere を選択して、メニューから Windows→Animation でウインドウ開きます。
    Animation ウインドウ下部の Curves をクリックして、変化曲線を表示します。
    左端のキーを選択して右クリックから Flat を選択して、曲線をまっすぐにします。
    同様に右端のキーを選択して Flat で曲線をまっすぐにします。

  3. Animation ウインドウを閉じて画面上部の再生ボタンで実行すると真っ暗な宇宙を背景に地球が滑らかに回転します。

月を作成する

  1. 月も地球と同じ要領で Sphere(球)に Texture を貼り付けます。
    メニューの GameObject→3D Object→Sphere を Moon の名前でヒエラルキービューに追加します。
    Moon を Sphere(地球)にドラッグして、親子になるように設定して下さい。
    Moon と Sphere が重なっているので、Moon を移動して見えるようにします。
  2. メニューの Assets→Inport New Assets から C:\DATA\Moon.jpg を選択します。
    Moon.jpg の画像はページ先頭から提供しています。
    プロジェクトパネル(Assets)に Moon.jpg の画像が追加されます。
  3. メニューの Assets→Create→Material を選択して Moon の名前で Material を作成します。
    Moon の Inspector から画面右上の [Shader] から Unlit/Texture を選択します。
    Unlit/Texture の矩形に Moon.jpg をドラッグするとテクスチャが設定されます。
  4. Assets の Moon をヒエラルキービューの Moon にドラッグするとテクスチャが貼り付けられて月のようになります。
    Scene 画面に表示される地球と月のサイズと位置を整えて下さい。
    参考のために、私が実行を確認した値を書いておきます。(X, Y, Z の順)
    Object Posion Scale
    カメラ 0, 1, -20 1, 1, 1
    地球 0, 0, 0 4, 4, 4
    -0.3, 0.1, -2 0.4, 0.4, 0.4
  5. 地球と月を親子関係に設定すると、地球の回転に月が追随して回転します。
    親子関係の設定は Child を参考にして下さい。

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)