CARD 5

5枚のカードを並べて描画します。
  1. メニューの [GameObject][Create Empty] から GameObject を作成します。
    作成した GameObject に CARD Class を組み込んで5枚のカードを並べて描画します。
    Card Class を参照して Assets/Resources の card.gif を切り分けて下さい。
    CARD.cs を作成して(Card Class を参照) GameObject にアタッチします。
  2. [Projectタブ][Createタブ] から [C# Script] で NewBehaviourScript.cs を作成します。
    using System.Collections;
    using System.Collections.Generic;
    using UnityEngine;
    
    public class NewBehaviourScript : MonoBehaviour
    {   CARD    card;
        // 5枚のカードを並べて表示する領域
        private GameObject[] view;
    	private float[] posx = new float[5] { -1.2f, -0.6f, 0.0f, 0.6f, 1.2f};
    	private float[] posy = new float[5] { 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f, 0.0f};
        void Start ()
        {   card = FindObjectOfType<CARD>();
            view = new GameObject[5];
            for(int i=0; i<5; i++)
            {   view[i] = new GameObject();
                view[i].transform.position = new Vector3(posx[i], posy[i], 0);
                view[i].AddComponent<SpriteRenderer>();
                view[i].GetComponent<SpriteRenderer>().sprite = card.Next();
            }
        }
    }
    
  3. NewBehaviourScript.cs を GameObject にアタッチします。
    GameObject には CARD.cs と NewBehaviourScript.cs がアタッチされます。
  4. 画像が小さいので Main Camera の Inspector から Size を2にします。
    再生ボタンで実行すると5枚のカードが並んで描画されます。
    メニューから [Save Scene] を選び Main の名前で保存して終了します。
  5. CARD Class 使うと Script Execution Order の設定が必要かも知れません。
    詳細は Msg Class を参照して下さい。

[Next Chapter ↓] Reverse
[Previous Chapter ↑] Card Class

前田稔の超初心者のプログラム入門
超初心者のプログラム入門(Unity)