WPF MouseClick

Visual Studio を使って WPF でマウスのクリックを検出します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. WPF のプロジェクトは .NET Framework を使っているので Windows7 までと同様にプログラミングが出来ます。
    とは言ってもユーザーインターフェースが変わっていて多少様子が違うようです。
    WPF のプロジェクトは、バージョンが違っていても起動できるようです。
  2. Windows10 & Visual Studio で、マウスを検出するプロジェクトを作成します。
    [ファイル][新規作成][プロジェクト]から[Visual C#][Windows][WPF アプリ(.NET Framework)]を選んで下さい。
    プロジェクトの作成は C# Store Application を参照して下さい。
  3. MainWindow.xaml.cs を選択して MainWindow() 関数にマウスを検出する OnMyMouseDown 関数を設定します。
        public partial class MainWindow : Window
        {
            public MainWindow()
            {
                InitializeComponent();
                this.MouseDown += new MouseButtonEventHandler(OnMyMouseDown);
            }
    
  4. OnMyMouseDown() 関数をコーディングします。
    MainWindow() 関数の後にでも置いて下さい。
            void OnMyMouseDown(object sender, MouseEventArgs e)
            {
                if (e.LeftButton == MouseButtonState.Pressed)
                {
                    MessageBox.Show("Mouse の左ボタンがクリックされました");
                }
                if (e.RightButton == MouseButtonState.Pressed)
                {
                    MessageBox.Show("Mouse の右ボタンがクリックされました");
                }
            }
        }
    
  5. OnMyMouseDown() を修正して、マウスがクリックされた座標をタイトルバーに印字してみましょう。
            void OnMyMouseDown(object sender, MouseEventArgs e)
            {
                Point point = e.GetPosition(this);
                string str = point.X.ToString() + " : " + point.Y.ToString();
                this.Title = str;
            }
    
  6. 開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    WPF では Windows10 のスタート画面にアプリが自動的に登録されることはありません。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)