WPF Image Load

WPF で Image コントロールにハードディスクから画像を入力します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. WPF でハードディスクから画像を入力して描画します。
    事前に表示する画像(c:\data\test\geo.jpg)を準備して下さい。
    適当なサイズであれば、どんな画像でもかまいません。
  2. [Visual C#][Windows][WPF アプリ(.NET Framework)] を構築します。
  3. MainWindow.xaml のデザイン画面から[Image コントロール]を貼り付けてサイズと座標を整えます。
    Image の名前("image") を確認して下さい。
    プロジェクトの作成とツールの貼り付けは C# Store Application を参照して下さい。
  4. MainWindow.xaml.cs の MainWindow() 関数から Image に画像を設定します。
    new Uri("c:\\data\\test\\geo.jpg") でハードディスクの画像を入力します。
    image.Source = m_bmp; で Image コントロールに画像を描画します。
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
            BitmapImage m_bmp;
            m_bmp = new BitmapImage();
            m_bmp.BeginInit();
            m_bmp.UriSource = new Uri("c:\\data\\test\\geo.jpg");
            m_bmp.EndInit();
            image.Source = m_bmp;
        }
    
  5. コンパイル&実行すると画像が描画されます。
    WPF では直接ハードディスクから画像を入力できるようです。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)