WPF Hello

WPF で出力ウインドウに "Hello World!" を印字します。
WPF は WinRT では無く、従来の .NET Framework API を使っています。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの説明

  1. Windows 10 & Visual Studio 2019 の環境で C# の WPF を試します。
    Visual Studio を起動して新規作成から [WPF アプリ(.NET Framework)] を選びます。

  2. MainWindow.xaml.cs を修正して、出力ウインドウにデバッグ情報を印字します。
    Debug.Write() を使うときは System.Diagnostics; を取り込んで下さい。
    using System.Diagnostics;   //Debug.Write を使うとき
    
    namespace WpfApp1
    {
        /// <summary>
        /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
        /// </summary>
        public partial class MainWindow : Window
        {
            public MainWindow()
            {
                InitializeComponent();
                Console.WriteLine("\n*Hello World!");
                Debug.WriteLine("\n*Debug Message");
            }
        }
    }
    
  3. 右三角矢印(または F5 キー)でコンパイル&実行すると、出力ウインドウにメッセージが印字されます。
    WPF では Console.WriteLine() と Debug.Write() の両方を使うことが出来ます。
    WPF は WinRT では無く、従来の .NET Framework API を使っているのですが、C# とは多少様子が違うようです。
    WPF のプログラムは、自動的に「スタート」メニューに登録されることは無いようです。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)