SDK Mix

Scenario1 ~ Scenario4 に取り混ぜて設定します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. SDKTemplate からプロジェクトをダウンロードして下さい。
    Scenario1 ~ Scenario4 に4種類のシナリオを設定します。
    1. Scenario1 は、Message dialog を表示します。
    2. Scenario2 は、赤の TextBox を表示します。
    3. Scenario3 は、URL にリンクします。
    4. Scenario4 は、既定のアプリで画像を表示します。
  2. Scenario1 は、修正する必要はなく、そのまま Message dialog を表示します。
  3. Scenario2 は、赤の TextBox を表示します。
    Scenario2.xaml の Button を削除して TextBox を張り付けます。
        <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="0,10,0,0" Grid.Row="1">
            <TextBox HorizontalAlignment="Left" Margin="174,57,0,-16"
                TextWrapping="Wrap" Text="TextBox" VerticalAlignment="Top"
                Height="160" Width="419" Background="#FFFB0808" FontSize="50"/>
        </StackPanel>
        
    Scenario2.xaml.cs の Scenario2Button_Click メソッドも削除して下さい。
  4. Scenario3 は、URL にリンクします。
    Scenario3.xaml の Button 定義を修正します。
        <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="0,10,0,0" Grid.Row="1">
            <Button x:Name="Scenario3Button" Content="URL Link" Margin="0,0,10,0" Click="Scenario3Button_Click"/>
        </StackPanel>
        
    Scenario3.xaml.cs の Scenario3Button_Click メソッドを修正して下さい。
        private async void Scenario3Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {   Uri uri = new Uri("http://www.bing.com/");
            Windows.System.Launcher.LaunchUriAsync(uri);
        }
        
  5. Scenario4 は、既定のアプリで画像を表示します。
    プロジェクトに画像("image\ffx2s.jpg")を取り込んで下さい。
    画像ファイルは何でも良いので、適当なものを調達して下さい。
    画像ファイルの取り込みは Image を参照してください。
    Scenario4.xaml の Button 定義を修正します。
        <StackPanel Orientation="Horizontal" Margin="0,10,0,0" Grid.Row="1">
            <Button x:Name="Scenario4Button" Content="Image View" Margin="0,0,10,0" Click="Scenario4Button_Click"/>
        </StackPanel>
        
    Scenario4.xaml.cs の Scenario4Button_Click メソッドを修正して下さい。
        private async void Scenario4Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {   var file= await Windows.ApplicationModel.Package.Current.
                InstalledLocation.GetFileAsync(@"image\ffx2s.jpg");
            if (file != null)   Windows.System.Launcher.LaunchFileAsync(file);
        }
        
  6. Constants.cs を修正します。
    using System.Collections.Generic;
    using System;
    
    namespace SDKTemplate
    {   public partial class MainPage : SDKTemplate.Common.LayoutAwarePage
        {   public const string FEATURE_NAME = "Message Dialog C# Sample";
            List<Scenario> scenarios = new List<Scenario>
            {   new Scenario() { Title = "Message dialog", ClassType = typeof(App1.Scenario1) },
                new Scenario() { Title = "Red TextBox", ClassType = typeof(App1.Scenario2) },
                new Scenario() { Title = "www.bing.com/", ClassType = typeof(App1.Scenario3) },
                new Scenario() { Title = "ffx2s.jpg", ClassType = typeof(App1.Scenario4) }
            };
        }
        public class Scenario
        {   public string Title { get; set; }
            public Type ClassType { get; set; }
            public override string ToString()
            {   return Title;   }
        }
    }
    
  7. コンパイル&実行して、4種類の Scenario を確認して下さい。
    元のページに戻るボタンが無い場合は、次の手順に従って下さい。
    1. Windowキーでホームページを終了して Metro Style の画面に戻る
    2. Metro Style からタイル(アイコン画像)をクリックして、アプリを再起動する
    3. 元のページが表示される

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)