Grid Uri

アプリケーションの Title を設定します。
次に、既定のアプリケーション(IE)で Uri(ホームページ)を表示します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

Title の設定

  1. このプロジェクトは Group, Item を識別 の続きです。
    前回までに、3種類(赤,緑,青)の BlankPage を作成して遷移方法を説明しました。
    次に、このアプリケーションに対応した Title を設定します。
    自動生成される Grid App(XAML) の Title はプロジェクトフォルダの \DataModel\SampleDataSource.cs で定義されています。
    ソースコードを調べると、Title を定義する方法の見当はつくでしょう。
  2. この後追加を予定している Uri と File を含めて、Group1~Group3 を設定してみましょう。
                var group1 = new SampleDataGroup("Group-1",
                        "Group Title: 1",
                        "Group Subtitle: 1",
                        "Assets/DarkGray.png",
                        "Group Description: Blank 画面に Text Box を張り付けます");
                group1.Items.Add(new SampleDataItem("Group-1-Item-1",
                        "Item Title: 1",
                        "Item Subtitle: 1",
                        "Assets/LightGray.png",
                        "Item Description: 赤色の Text Box",
                          ITEM_CONTENT,
                        group1));
                group1.Items.Add(new SampleDataItem("Group-1-Item-2",
                        "Item Title: 2",
                        "Item Subtitle: 2",
                        "Assets/DarkGray.png",
                        "Item Description: 緑色の TextBox",
                        ITEM_CONTENT,
                        group1));
                group1.Items.Add(new SampleDataItem("Group-1-Item-3",
                        "Item Title: 3",
                        "Item Subtitle: 3",
                        "Assets/MediumGray.png",
                        "Item Description: 青色の TextBox",
                        ITEM_CONTENT,
                        group1));
                this.AllGroups.Add(group1);
    
                var group2 = new SampleDataGroup("Group-2",
                        "Group Title: 2",
                        "Group Subtitle: 2",
                        "Assets/LightGray.png",
                        "Group Description: Uri(URL) を表示します");
                group2.Items.Add(new SampleDataItem("Group-2-Item-1",
                        "Item Title: 1",
                        "Item Subtitle: 1",
                        "Assets/DarkGray.png",
                        "http://www.eonet.ne.jp/~maeda/image/cs.jpg",
                        ITEM_CONTENT,
                        group2));
                group2.Items.Add(new SampleDataItem("Group-2-Item-2",
                        "Item Title: 2",
                        "Item Subtitle: 2",
                        "Assets/MediumGray.png",
                        "http://www.eonet.ne.jp/~maeda/index.html",
                        ITEM_CONTENT,
                        group2));
                group2.Items.Add(new SampleDataItem("Group-2-Item-3",
                        "Item Title: 3",
                        "Item Subtitle: 3",
                        "Assets/LightGray.png",
                        "http://www.google.co.jp/",
                        ITEM_CONTENT,
                        group2));
                this.AllGroups.Add(group2);
    
                var group3 = new SampleDataGroup("Group-3",
                        "Group Title: 3",
                        "Group Subtitle: 3",
                        "Assets/MediumGray.png",
                        "Group Description: 既定のアプリでファイルを起動します");
                group3.Items.Add(new SampleDataItem("Group-3-Item-1",
                        "Item Title: 1",
                        "Item Subtitle: 1",
                        "Assets/MediumGray.png",
                        "ffx2s.jpg を起動",
                        ITEM_CONTENT,
                        group3));
                group3.Items.Add(new SampleDataItem("Group-3-Item-2",
                        "Item Title: 2",
                        "Item Subtitle: 2",
                        "Assets/LightGray.png",
                        "data.txt を起動",
                        ITEM_CONTENT,
                        group3));
                this.AllGroups.Add(group3);
        
  3. プログラムを実行して Title の表示を確認して下さい。

ホームページを表示

  1. GroupDetailPage.xaml.cs の ItemView_ItemClick() を修正します。
    "Group-1" の次に "Group-2" を追加して下さい。
    URL のプログラムは Launch Uri を参照して下さい。
        void ItemView_ItemClick(object sender, ItemClickEventArgs e)
        {   string str = e.ClickedItem.ToString();
            Uri uri= null;
            if (g_str=="Group-1")
            {   if (str=="Item Title: 1")
                    this.Frame.Navigate(typeof(BlankPage1), "AllGroups");
                else if (str == "Item Title: 2")
                    this.Frame.Navigate(typeof(BlankPage2), "AllGroups");
                else if (str == "Item Title: 3")
                    this.Frame.Navigate(typeof(BlankPage3), "AllGroups");
            }
            if (g_str=="Group-2")
            {   if (str=="Item Title: 1")
                    uri = new Uri("http://www.eonet.ne.jp/~maeda/image/cs.jpg");
                else if (str == "Item Title: 2")
                    uri = new Uri("http://www.eonet.ne.jp/~maeda/index.html");
                else if (str == "Item Title: 3")
                    uri = new Uri("http://www.google.co.jp/");
                if (uri!=null)  Windows.System.Launcher.LaunchUriAsync(uri);
            }
        }
        
  2. Group1 を選択すると BlankPage に遷移するページです。
    Group2 を選択するとホームページを表示するページです。
    Group2 のホームページから元のページに戻る場合は、次の手順に従って下さい。
    1. Windowキーでホームページを終了して Metro Style の画面に戻る
    2. Metro Style からタイル(アイコン画像)をクリックして、アプリを再起動する
    3. GroupDetailPage が表示される

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)