C# Windows8

Windows8 C#(ストア アプリ)のプログラムを試します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

Windows8 C#

  1. Microsoft は 2012/10/末 に新しいOSである Windows8 の発売を開始しました。 \(^o^)/
    Windows8 は Windows7 までと、仕様が大きく変わっています。
    スマートフォン(スマホ)にも搭載出来ることを視野に入れた仕様で、Metro Style(Store App)を採用しています。
    Metro Style とは、地下鉄のウインドウが電車の進行に合わせて次々と変わるように、スマホと同様に指のタッチで操作する形式です。
    とは言っても指で操作できるパソコンは少ないので、マウスやキーボードにも対応しています。
    Metro Style には、場所や道順を知らなくても「地下鉄に乗れば目的地に行ける」の意味もあるようで、 Windows8 Program(道順)は相当に難解のようです。 (^_^;)
    何種類かのテンプレートが用意されているので、これを使って(地下鉄に乗って)目的地に行く方法から学びましょう。
  2. Metro Style のプログラムを作成するには、Windows8(ストア アプリ)に対応した専用の開発ソフトが必要です。
    私は Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows 8 を使っています。
    このソフトは Microsoft のページから無料でダウンロードすることが出来ます。
  3. Windows8 ではストア アプリに加えて、今までのアプリも使えるようになっています。
    今までのアプリをインストールするには Metro Style スタイルの画面から「デスクトップ」を選択して従来のモードに切り替えて下さい。
    または [Windowsキー+'E'] で Windows Explor が起動します。
    Metro Style に戻るには、デスクトップの左下の [start 画像] をクリックします。
    または [Windowsキー] を押します。
  4. C#は Windows8 Game Program の開発には向いていないようです。
    レンダリングループから画面を切り替えて、アニメーションするようなアプリケーションは DirectX を使用して下さい。

テストコンパイル

  1. Express 2012 for Windows8 は Store アプリ開発専用のソフトで、今までのプロジェクトは起動出来ないようです。
    また使い勝手やプログラムの仕様も大幅に変わっていて、最初は戸惑うでしょう。 (^_^;)
  2. プロジェクトを起動して、自動生成されるプロジェクトをコンパイルしてみましょう。
    Windows8 のスタート画面から [Express 2012 for Windows8] を起動します。
  3. [FILE] [New Project] から [Visual C#] を選択して、Blank App(XAML)を選びます。
    新しいバージョンでは「新しいアプリケーション(XAML)」になっています。

  4. 後は規定値で [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてソースコードが表示されます。
    シンプルなプロジェクトでは「ソリューションのディレクトリを作成(D)」のチェックを外す方がわかり易いでしょう。
  5. そのまま右三角アイコンでコンパイル&実行します。
    黒い画面に矩形の×印が描画されて、すぐ真っ黒な画面になります。
  6. 終了する(Windows マークのキーを押す)と Metro Style のスタート画面に戻ります。
    スタート画面に新しいタイル(アイコン画像)が追加されています。
  7. 追加されたタイル(アイコン画像)をクリックすると先ほど実行した画面が表示されます。
  8. 確認が終われば、アンインストールして下さい。
    追加されたタイルを右クリックして、表示されたアンインストールアイコンを選択します。
    従来はアンインストールしても、レジストリなどにゴミが残っていましたが、Windows8 ではその心配は無いようです。
  9. 作成されたプロジェクトのフォルダ(App1? それとも Blank?)の中を確認して下さい。
    bin と obj のフォルダは削除することが出来ます。
    また、比較的サイズの大きい *.suo のファイルも削除可能です。
    削除した状態で App1.sln(Blank.sln)をダブルクリックで起動して、コンパイル&実行が出来ることを確かめて下さい。
  10. プログラムの作成に関係するファイルは主に MainPage.xaml と MainPage.xaml.cs です。

Windows8.1 評価版 C#

  1. Microsoft は2013年秋に Windows8.1 へのバージョンアップを予定しています。
    バージョンアップに先だって評価版をダウンロードして使ってみます。
    Windows と Visual Studio の説明は Windows Guid を参照して下さい。
    Windows8.1 の開発環境で Visual Studio を起動して、自動生成されるプロジェクトをコンパイルしてみましょう。
  2. Visual Studio 2013 Preview のショートカットをダブルクリックして起動します。
    [ファイル] [新規作成] から [プロジェクト] を選びます。
    [Visual C#] を選択して[新しいアプリケーション(XAML)]選択します。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてソースコードが表示されます。
  3. そのまま右三角アイコン(ローカルコンピューター)でコンパイル&実行します。
    黒い画面に矩形の×印が描画されて、すぐ真っ黒な画面になります。
  4. 終了する(Windows マークのキーを押す)と Metro Style のスタート画面に戻ります。
    Metro Style からデスクトップをクリックして Visual Studio の画面に戻って下さい。
    メニューから[デバッグ][デバッグの停止]でテストコンパイルの終了です。
  5. Windows7(WindowsXP)で作成した C# のプロジェクトもコンパイル出来るようです。
    プロジェクトファイルまたは、ソリューションファイルを指定してプロジェクトを開いて下さい。
    古いプロジェクトを開くと 2013 Preview の形式に自動的にコンバートされます。
    コンバートされたプロジェクトは、元に戻らないので注意して下さい。

Windows8.1 C#

  1. 2013/10/20 Windows 8.1 正式版にバージョンアップしました。
    同時に Visual Studio 2003 をダウンロードしました。
  2. Windows 8 のプロジェクトは、そのままでは Windows 8.1 で開くことが出来ないようです。
    「ストアアプリ用メンテナンスツール for Windows 8」をインストールして実行を確認しました。
    但し、全てのプロジェクトが実行できる訳では無いようで、幾つかのプロジェクトではコンパイルエラーが表示されました。
  3. 正規の Windows 8.1 用のアプリケーションを作成するには、プロジェクトを再構築しなければならないようです。
    Windows 8.1 のプロジェクトも Windows 8 と同じ要領で作成出来るようです。
  4. 古いプロジェクトは、メニューから[プロジェクト][ソリューションの再ターゲット]で起動できる場合があります。
    起動出来なくてもプロジェクトの構築方法はバージョンが変わっても同じ要領なので再構築して下さい。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)