C# Windows10

C# Windows10(Store App) のテンプレートプロジェクトです。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プロジェクトの構築

  1. C# Windows10(Store App) のプロジェクトを構築する方法です。
    2015/10/08 以降は Windows10 & Visual Studio Community 2015 の環境で開発します。
    「スタート」ボタンをクリックして[すべてのアプリ][Blend for Visual Studio 2015]を選びます。
    良く使うのであれば、右クリックから[スタート画面にピン留する]と便利です。

  2. [ファイル][新規作成][プロジェクト]から[テンプレート][Visual C#][Windows]を選択してアプリの種類を選びます。
    場所はプロジェクトを作成するフォルダーを選択して下さい。
    今回は C:\DATA\C#\Windows10\Template\ のフォルダーに幾つかのアプリを作成します。
    フォルダーに複数のアプリを格納するときは[ソリユーションのディレクトリを作成]をチェックするのがお勧めです。

  3. [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。
    メニューの[デバッグ]から[デバッグ開始]、または[緑色の右三角アイコン]をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
  4. 「スタート」ボタンから[すべてのアプリ]を選ぶと今作製したアプリが登録されています。
    追加されたアイコンをクリックすると先ほど実行した画面が表示されます。
    必要がなければ右クリックからアンインストールして下さい。
  5. プロジェクトを作成したフォルダーにもアプリ(App1 など)のフォルダーが作成されています。
    アプリによっては *.Windows と *.WindowsPhone のフォルダーに分かれている場合があります。
    Windows Phone は携帯端末(スマホ)向けの開発環境のようです。
    必要がなければ App1 のフォルダーごと削除して下さい。
  6. プロジェクトを残しておく場合でも bin\, obj\, Debug\, ipch\, *.sdf などは削除可能です。
    (bin を削除すると「スタート」ボタンからアプリが起動出来なくなります)
    削除した状態で *.sln をダブルクリックで起動して、コンパイル&実行が出来ることを確かめて下さい。
    バージョンによって bin\, obj\ を削除すると MainPage.xaml.cs に赤の下線でエラーが表示されることがあります。
    メニューの[ビルド][ソリューションのリビルド]を実行すると、エラーは消えます。

C# Windows10 テンプレート

Blend for Visual Studio 2015 を起動して、自動生成されるプロジェクトを実行します。
  1. 空白のアプリ。
    [Visual C#][Windows][空白のアプリ(ユニバーサル Windows)]を選びます。
    名前は規定値のまま(App1)で構いません。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。

    開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    アプリケーションの実行では、白い画面に矩形の×印が描画されてすぐ消えます。
    プロジェクトのフォルダーはシンプルな構成で、携帯端末やスマホに関係なければお勧めのアプリです。
  2. 空のアプリケーション。
    空のアプリケーション(ユニバーサル Windows 8.1)を選んで下さい。
    App1 は空白のアプリで使われたので、名前の規定値は App2 になります。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。

    開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    [空のアプリケーション]は WindowsPhone のフォルダーが作成されていて[空白のアプリ]に比べてやや複雑です。
    スマホや携帯にかかわりが無いのなら[空白のアプリ]がお勧めです。
    また空白のアプリでは背景が白でしたが、空のアプリケーションは規定値で背景が黒です。(背景の色は変更可能)
  3. WPF アプリケーション
    WPF アプリケーションを選んで下さい。
    名前は規定値で WpfApplication1 になります。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。

    開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    WPF(Windows Presentation Foundation)は .NET Framework に含まれるプレゼンテーション層技術(GUI開発ライブラリ)です。
    空のアプリケーションに比べて、WPF の方がフォルダーの構成がシンプルで、また自動的に[スタート][すべてのアプリ]に登録されることはありません。
    自動的にアプリに登録する方法は一長一短で、プロジェクト開発で何度もコンパイルを繰り返すと訳のわからないアプリで溢れかえります。
    但し、WPF は .NET Framework を使っているので、他のアプリケーションとは多少様子が違うようです。
  4. グリッド(Windows 8.1)
    グリッド(Windows 8.1)を選んで下さい。
    App1, App2 が既に使われていると規定値で App3 になります。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。

    開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    グリッドアプリは幾つかのタイル(アイコン画像)が整然と並んで表示されます。
    タイルをクリックすると他のページに Navigate します。
  5. 分割(Windows 8.1)
    分割(Windows 8.1)を選んで下さい。
    名前の規定値は App4 になります。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。

    開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    分割アプリでは幾つかの Group Title が表示されます。
    それぞれの Group Title をクリックすると、グループ毎の Item Title が表示されます。
    Item Title をクリックすると他のページに Navigate します。
  6. ハブアプリ
    ハブアプリを選んで下さい。
    名前の規定値は HubApp1 になります。
    [OK] をクリックすると、プロジェクトが構築されてデザイン画面が表示されます。

    開始ボタン(右三角)をクリックするとコンパイル&実行が行われます。
    ハブ コントロールを使うと、アプリのコンテンツを、関連した別個のセクションやカテゴリに整理できます。
    ハブ コントロールは、階層に配置された大量のコンテンツを表示するのに適していて、スマホのトップページなどに使われます。
  7. これ以外にも幾つかのアプリケーションがあるのですが、また必要なときに説明します。

【NOTE】

  1. プログラムの作成に関係するファイルは主に MainPage.xaml と MainPage.xaml.cs です。
  2. 以前は[緑色の右三角アイコン]をクリックすると[コンパイル&実行]が行われていたのですが、最近(2016/2)は最後にコンパイルしたプログラムの実行だけが行われるようです。
    ソースファイルを更新した状態で緑色の右三角アイコンをクリックすると、更新前の状態で実行されます。
    更新したときは、メニューから[ビルド/ソリューションのリビルド]を実行してから、緑色の右三角アイコンをクリックして下さい。
  3. Visual Studio で開発しているとウインドウの配置が乱れたりプロパティが表示されなくなることがあります。
    そのようなときは、ツールバーから[ウインドウ][ウインドウレイアウトのリセット]で既定の配置に戻すことが出来ます。
  4. 次のメッセージが表示されたときは、メニューから[ビルド][App1 の配置]を実行して下さい。
    このメッセージは意味不明で (^_^;) 、要するにコンパイルをやり直せと言うことでしょうか?
    [ビルド/ソリューションのリビルド]を実行してもOKでした。

  5. 古いプロジェクトは、メニューから[プロジェクト][ソリューションの再ターゲット]で起動できる場合があります。
    起動出来なくてもプロジェクトの構築方法はバージョンが変わっても同じ要領なので再構築して下さい。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)