Visual Studio 2017 C#

Visual Studio 2017 を使って C# のプロジェクトを作成します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

Visual Studio 2017

私は 2017/08/04 Visual Studio Community 2017 Version 15.2(26430.16) をダウンロードしました。
Visual Studio 2015 で作成した C# のテンプレートのプロジェクトを起動してみます。
テンプレートのプロジェクトは C# Windows10 を参照して下さい。

  1. 空白のアプリ(ユニバーサル Windows)
    パッケージが不足しているらしく、追加のダイアログが表示されます。

    案内に従って Windows10 SDK をインストールすると、プロジェクトが作成されて実行を確認しました。
    インストールには10分程度の時間がかかります。
    C++ の画像ですが、C# も同様です。

  2. WpfApplication1
    プロジェクトが作成されて実行を確認しました。
  3. その他のアプリケーション
    自動生成しただけの[空白のアプリ]は動きましたが、多くのアプリケーションは起動できません。
    変換レポートが表示され「非互換」になってプロジェクトが開けませんでした。

新規プロジェクト

  1. 起動すると C# のテンプレートは次のようになっています。
    空白のアプリ(ユニバーサル Windows)または、WPF アプリ(.NET Framework)を選択してプロジェクトを作成します。

  2. Version 15.2(26430.12) では、空白のアプリ(ユニバーサル Windows) の箇所が BlankApplication になっていました。
    BlankApplication は X BOX 専用の開発環境のようで?、Windwos のプロジェクトは構築できませんでした。
    Version が変わるとウインドウやプロジェクトの様子が変わるようなので留意して下さい。

2018/09/12 Visual Studio Professional 2017 Ver 15.8.4 をインストールしました。
Windows8 や Windows8.1 の古いプロジェクトは起動出来ないようです。

所が何故か Windows10+Visual Studio Community 2017 で開発したプロジェクトも起動できません。
仕方が無いので、プロジェクトを抜粋して Visual Studio Professional 2017 で作成し直しました。
古いプロジェクトは、メニューから[プロジェクト][ソリューションの再ターゲット]で起動できる場合があります。
起動出来なくてもプロジェクトの構築方法はバージョンが変わっても同じ要領なので再構築して下さい。
  1. プログラム開発では使用するエディッタによって作業効率が大きく変わります。
    そこで私は使い慣れた自作のエディッタ(Edit.exe)を使うことします。
    設定はメニューから[表示][ファイルを開くアプリケーションの選択][追加][プログラム]から c:\bin\Edit.exe を選択します。
    [規定値として設定]をクリックすると、右クリックで Edit.exe が起動されて編集できるようになります。
  2. [Visual Studio インストーラを開く]をクリックすると、テンプレートが追加されます。
    現在画面に表示されていないテンプレートを使うときにクリックして下さい。
    テンプレートを準備するのにネットワーク環境が必要なようで、少し時間がかかります。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)