超初心者のプログラム入門(Store C#)

前田稔(Maeda Minoru)の Store C# のページへようこそ。

Store Application の C++ では、従来の .NET Framework のものでは無く新しい WinRT というAPIを採用しています。

前田稔の超初心者のプログラム入門

Store C# index

これからは Store Application の時代でしょうか。 (^_^;)
★2019/02 Visual Studio 2019 で C# VS 2017 のプロジェクトを開くことが出来ました。
(C++ では VS 2015 や VS 2017 で作成したプロジェクトは開けないようです。 ヽ(`Д´#)ノ )

Programming Guide
C# Windows8(Store App)
    Windows8 C#(ストア アプリ)紹介
  1. Windows8 C#
    Windows8 C#(ストア アプリ)のプログラムを試します。
  2. MessageDialog
    Button のクリックで MessageDialog を表示します。
  3. TextBox
    TextBox を張り付けて「TextBox 表示テスト」と表示します。
  4. Grid Line
    Grid Line を設定して TextBox を整然と並べて表示します。
  5. Hello NAME
    TextBox から名前を入力して「Hello 名前」を表示します。
    次に TextBoxから2個の整数を入力して、GCM と LCM を計算して表示します。

    Page Navigate
  6. Page Navigate
    Button のクリックで、次の Page に Navigate(遷移)します。
  7. Page Navigate2
    MainPage ⇔ BlankPage1 ⇔ BlankPage2
    BasicPage を選択すると、戻るボタンが自動的に設定されます。
  8. Navigate Parameter
    Navigate(遷移) で Parameter を渡します。

    Win8 で Image を描画
  9. Image
    Image コントロールに画像を表示します。
    画像を取得して BitmapImage に設定します。
  10. Image URL
    ホームページから URL を指定して画像を取得します。
    Local Folder に画像を格納して、描画する方法を説明します。
  11. Image Picker
    Picker を使って画像を選択します。
  12. ドットで図形を描画
    Image 領域に直接アクセスして、ドットで図形を描画します。
  13. Image Picker2
    Picker で抽出されたファイルの詳細を表示します。

    Win8 で File 操作
  14. install folder
    install folder からファイルを入力します。
  15. Local Folder
    Local Folder にファイルを作成します。
  16. Create File
    マイドキュメントにファイルを作成します。

    Win8 で ListView を使う
  17. List View
    Windows8 で ListView を使います。
  18. List Navigate
    ListView のクリックで、次のウインドウに遷移します。
    partical を使って「クラスを分けて別ファイルにする」方法を紹介します。
  19. List Data Class
    ListView に関係するデータを Class としてまとめます。

    既定のアプリで Uri&ファイルを起動
  20. Launch Uri
    既定のブラウザ(IE?)が起動してホームページを表示します。
  21. Launch File
    既定のアプリでファイルを開きます。

    BasicPage
  22. BasicPage を組み込む
    プロジェクトに BasicPage を組み込みます。
  23. Basic Parameter
    BasicPage で Parameter を渡します。
  24. pageState パラメータ
    pageState パラメータの説明と使い方です。
  25. Save & Load
    ページの状態を ApplicationDataContainer で退避/復元します。

    Grid App(XAML)
  26. Windows8 Grid
    Grid App(XAML) をテンプレートに使います。
  27. Group, Item を識別
    Grid App で Group, Item を識別します。
  28. Grid Uri
    Title の設定と、ブラウザ(IE)の起動です。
  29. Grid File
    既定のアプリでファイルを開く Group3 を追加します。

    Split App(XAML)
  30. Windows8 Split
    Split App(XAML) をテンプレートに使います。
  31. Windows8 Split Navi
    Split App をテンプレートに使った Navigate のプログラムです。

    SDKTemplate
  32. SDKTemplate
    SDKTemplate を使います。
  33. SDK Image
    SDKTemplate を使って Image を表示します。
  34. SDK Mix
    Scenario1 ~ Scenario4 に取り混ぜて設定します。
C# Windows10(Store App)
    C# Windows10(ストア アプリ)紹介
  1. C# Windows10
    C# Windows10 の基本プロジェクトです。
  2. C# Windows7 以前
    C# Windows10 で Windows7 以前のプロジェクトを動かします。
  3. Win8 ⇒ Win10
    C# Windows8(Store App)のプロジェクトをコンバートします。
  4. C# Windows10
    C# Windows10 のテンプレートプロジェクトです。
  5. Win10 Mouse
    Windows10 でマウスのクリックを検出します。

    W10 空白(Space) App
  6. Hello Windows10
    TextBox を貼り付けて "Hello Windows10" を表示します。
  7. Image View
    空白アプリで Image コントロールに画像を描画します。
  8. 私のページを呼び出す
    Button のクリックで私のページを呼び出します。

    W10 空(Blank) App
  9. Button Click
    Button のクリックで MessageDialog を表示します。
  10. TextBox
    TextBox を貼り付けて GCM, LCM を計算します。
  11. Uri Navication
    Button のクリックで URI にジャンプします。
  12. W10 Navigate
    Button のクリックで BlankPage に Navigate します。

    W10 WPF App
  13. WPF TextBlock
    C# Windows10 WPF で時刻を表示します。
  14. WPF TextBox
    WPF で TextBox を貼り付けて GCM, LCM を計算します。
    ☆TextBox と Button のプロパティを設定します。
  15. WPF Image View
    WPF で Image コントロールに画像を描画します。
  16. WPF Navigate
    XAML 上で遷移先を定義して Navigate(遷移)します。
  17. Xaml Page Navigate
    ページを選択して Navigate する XAML の定義です。
  18. Xaml Uri Navigate
    Navigate する Uri を追加します。
  19. Code Page Navigate
    ボタンのクリックで Navigate します。
  20. Code Uri Navigate
    クリックで Navigate する Uri を追加します。
  21. WPF Mouse&Key
    WPF で Mouse と Key を検出します。

    W10 Grid App
  22. Grid ⇒ Blank
    Grid アプリで Blank Page に Navigate します。
  23. Group, Item を識別
    Group, Item を識別して Navigate します。
  24. Grid & BG
    Grid アプリに Background Image を設定します。

    W10 Split App
  25. Split ⇒ Blank
    Split アプリで Blank Page に Navigate します。
  26. Group, Item を識別
    Split で Group, Item を識別します。

    W10 Hub App
  27. Hub ⇒ Blank
    Hub アプリで Blank Page に Navigate します。
  28. Group, Item を識別
    Hub で Group, Item を識別して Navigate します。
  29. Hub Top Image
    Hub のトップページに画像を描画します。
Windows10 & VS 2017
Windows8, Windows8.1 のプロジェクトが開けなくなり Windows10 & Visual Studio Professional 2017 の環境で再構築します。
空白のアプリ(ユニバーサル Windows)
    ユニバーサル Windows 入門
  1. Visual Studio 2017
    Visual Studio Community 2017 を使って C# のプロジェクトを作成します。
  2. TextBlock
    TextBlock を張り付けて「TextBlock 表示テスト」と表示します。
  3. TextTime
    TextBlock を張り付けて時刻を表示します。
  4. MessageDialog
    Button のクリックで MessageDialog を表示します。
  5. Window Size
    Windows Size と TextBox のサイズをプログラムで設定します。
  6. Mouse Click
    ストアアプリでマウスのクリックを検出します。
  7. Mouse Posion
    マウスの移動を検出して座標を表示します。
  8. Mouse Move
    マウスで図形(Border)を移動します。
  9. Key Count
    キー(↑↓)を検出してカウントします。

    Image
  10. Image Box
    Image を張り付けて画像(ffx2s.jpg)を描画します。
  11. Image Load
    アプリのインストールディレクトリから Image をロードします。
  12. Image Picker
    Picker を使って画像を選択します。
  13. Image URL
    URL を指定してホームページから画像を取得します。
  14. ドットで図形を描画
    Image 領域に直接アクセスして、ドットで図形を描きます。
  15. Image Canvas
    ファイルピッカーで選択した画像を Canvas に描画します。

    Text
  16. Hello NAME
    TextBox から名前を入力して「Hello 名前!」を表示します。
  17. GCM LCM
    TextBox から値を取得して GCM, LCM を計算します。
  18. Text Load
    インストールディレクトリから TextFile(utf8.txt) をロードします。
  19. Local Folder
    Local Folder の入出力です。
  20. MyDocument Text Read
    MyDocument から TEXT FILE を入力します。
  21. Text Picker
    Picker を使って TEXT FILE を選択します。
  22. Text Save
    TextBox からタイプしたデータを Picker で選択したファイルに保存します。

    Navigate
  23. Navigate URL
    Button のクリックで URL のページを表示します。
  24. Navigate Page
    Button のクリックで次のページに Navigate します。
  25. Navigate Page2
    Button のクリックで次々とページを移動します。
  26. Navigate File
    Button をクリックすると、既定のアプリでファイルを開きます。
  27. Navigate Parameter
    Navigate(遷移) で Parameter を渡します。

    ListView
  28. List View
    ListView にアイテムを並べて表示します。
  29. List Click
    ListView のクリックを検出して Text Box に表示します。
  30. List View Navi
    ListView のクリックで Navigate します。
  31. List View Data
    ListView の Navigate Data を Class にします。

    Camera
  32. Camera
    パソコンのカメラを使います。
  33. Photo
    パソコンのカメラで撮影します。
  34. Video
    パソコンのカメラで動画を撮影します。

    SDK Template
  1. SDK List
    SDK のサンプルに合わせて List&Frame で Navigate します。
  2. SDK Backbutton
    空白アプリで Backbutton を設定します。
  3. SDK MyDocument
    MyDocument に Text File を作成・出力・入力します。
  4. SDK Image
    Image のプロパティと縮小と回転です。
  5. SDK Audio
    Audio の録音と Effect を行います。

    C# WPF Application WPF Windows 入門
  1. WPF Key
    WPF で Key を検出します。
  2. WPF Mouse
    WPF で Mouse を検出します。

    Image
  3. WPF Image Box
    WPF で Image コントロールに画像を描画します。
  4. WPF Image Local
    WPF でローカルフォルダーから画像を入力します。

    Text
  5. WPF TextBlock
    TextBlock を貼り付けて時刻を表示します。
  6. WPF GcmLcm
    WPF で TextBox からデータを取得して GCM, LCM を計算します。

    Navigate
  7. Frame Navigate
    Frame を貼り付けてナビゲートします。
  8. Wpf Navigate
    XAML 上で遷移先を定義して Navigate(遷移)します。
  9. Xaml Page Navigate
    Navigate 先を XAML で定義します。
  10. Xaml URL
    XAML を編集して URL にハイパーリンクします。
  11. Wpf Uri Navigate
    ボタンのクリックで Url に Navigate します。
  12. Click Navigate
    「Button&List」のクリックでナビゲートします。
Windows10 & VS 2019
Windows10 & Visual Studio Professional 2019 の環境で作成します。
    VS-2019 Console
  1. Hello
    コンソール画面に "Hello World!" を印字します。
  2. Console Gcm Lcm
    コンソールモードで Gcm() Lcm() 関数を定義します。
  3. string Split
    コンソールモードで文字列を [,] で切り分けます。
  4. ArrayList
    コンソールモードで TextFile を切り分けて ArrayList に格納します。

    VS-2019 Windows
  5. Title Bar
    Title Bar に現在時刻を表示します。
  6. Mouse Click
    Title Bar にクリックされた座標を表示します。
  7. Calender
    TextBox から生年月日をタイプして生存日数を表示します。
Store アプリ開発
  1. MP3 → WAV
    MP3 を WAVE に変換します。
  2. MP3 ⇔ WAV
    MP3 と WAVE を相互に変換します。
  3. AVI → MP4
    AVI を MP4 に変換します。
  4. MP4 ⇔ AVI
    MP4 と AVI を相互に変換します。
  5. Face
    静止画から顔を見つけます。

超初心者のプログラム入門(Store C#)

超初心者のプログラム入門(Store C++)

超初心者のプログラム入門(C#)

超初心者のプログラム入門(C/C++)