Text Load

install folder から TextFile(utf8.txt) をロードします。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. 新規プロジェクトを作成して TextBox を張り付けます。
    TextBox の名前 "textBox" を確認して下さい。
    TextBox のサイズはプログラムで設定するので適当で構いません。
  2. utf8.txt ファイルを作成してプロジェクトに加えて下さい。
    タイプするデータは先頭の画像を参照して下さい。
    詳細は C# Store Application を参照して下さい。
  3. MainPage.xaml.cs を選択して、MainPage() 関数を修正します。
    using に Windows.Storage を追加して下さい。
    Windows を 1200*800 に、TextBox を 640*400 に設定しています。
    AcceptsReturn = true; で改行を許可して下さい。
    using Windows.Storage; 
        public MainPage()
        {   this.InitializeComponent();
            Windows.UI.ViewManagement.ApplicationView.GetForCurrentView()
                .TryResizeView(new Size { Width = 1200, Height = 800 });
            textBox.Width = 640;
            textBox.Height = 400;
            textBox.AcceptsReturn = true;
            TextRead();
        }
    
  4. 続いて TextRead() 関数を定義します。
    インストールディレクトリから "utf8.txt" を入力して TextBox に設定します。
        private async void TextRead()
        {   try
            {   StorageFolder storageFolder =
                    Windows.ApplicationModel.Package.Current.InstalledLocation;
                StorageFile source = await storageFolder.GetFileAsync("utf8.txt");
                if (source != null)
                {   string data = await FileIO.ReadTextAsync(source);
                    textBox.Text = data;
                }
            }
            catch (FileNotFoundException)
            {   textBox.Text = "FileNotFoundException";
            }
        }
    
  5. install folder は読み取り専用で、ファイルを保存することは出来ないようです。
    入出力が必要な時は Local Folder を参照して下さい。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)