List Click

ListView のクリックを検出して Text Box に表示します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. ListView のアイテムクリックを検出して Text Box に表示するプログラムを作成します。
    Visual Studio を起動して [FILE][New Project] から [空白アプリ(ユニバーサル Windows)] を選びプロジェクトを構築します。
  2. 下記の表を参考に TextBox, ListView, Button を貼り付けます。
    今回は Button は使用しません。
    ツールName説明
    TextBox textBox 入力用 TextBox
    ListView listView List View Item
    Button button Button
    TextBox TextBoxOut 表示用 TextBox
        <Grid>
            <TextBox x:Name="textBox" HorizontalAlignment="Left" Text="Input" VerticalAlignment="Top"
                Height="40" Width="239" Margin="10,10,0,0" FontSize="24"/>
            <ListView x:Name="listView" HorizontalAlignment="Left" Height="148" VerticalAlignment="Top"
                Width="610" Margin="0,55,0,0" ItemClick="List_Click" IsItemClickEnabled="True"/>
            <Button x:Name="button" Content="Button" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,203,0,0"
                VerticalAlignment="Top" Height="31" Width="111"/>
            <TextBox x:Name="TextBoxOut" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,234,0,0" Text="TextBox"
                VerticalAlignment="Top" Height="240" Width="698"/>
        </Grid>
    
  3. ListView のアイテムクリックを検出するイベントハンドラを設定します。
    MainPage.xaml のレイアウトウインドウを表示します。
    ListView を選択して、稲妻アイコンから ItemClick に List_Click とタイプします。
    また ListView の [その他の指定] から IsItemClickEnabled をチェックして下さい。
  4. MainPage.xaml.cs で ListView にアイテムを登録します。
        public MainPage()
        {   this.InitializeComponent();
            listView.Items.Add("1) List View Text-1");
            listView.Items.Add("2) List View Text-2");
            listView.Items.Add("3) List View Text-3");
        }
    
  5. MainPage.xaml.cs を表示して List_Click() メソッドをコーデイングします。
        private void List_Click(object sender, ItemClickEventArgs e)
        {
            TextBoxOut.Text = e.ClickedItem.ToString();
        }
    
  6. ListView のアイテムをクリックすると、クリックされたアイテムが TextBoxOut に表示されます。
    C/C++ でも同様のプログラム ListBox, ListView を作成しています。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)