SDK MyDocument

MyDocument のフォルダーに Text File を作成・出力・入力します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. Visual Studio を起動して [FILE][New Project] から [空白アプリ(ユニバーサル Windows)] を選びプロジェクトを構築します。
    Microsoft のサンプルに合わせて、プロジェクト名を SDKTemplate とします。
    プロジェクトの作成は List SDK を参照して下さい。
  2. Scenario1 で MyDocument のフォルダーに空の sample.dat を作成します。
    1. Scenario1.xaml にボタン(Create)と TextBox を設定します。
      ボタンにイベントハンドラ(Button_Click)を設定します。
    2. Scenario1.xaml.cs に Button_Click() 関数をコーディングします。
      using で Windows.Storage を追加して下さい。
      using Windows.Storage;
      
          private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
          {   StorageFile sampleFile = null;
              StorageFolder storageFolder = await KnownFolders.GetFolderForUserAsync(null, KnownFolderId.PicturesLibrary);
              try
              {   sampleFile = await storageFolder.CreateFileAsync("sample.dat", CreationCollisionOption.ReplaceExisting);
                  textBox.Text = "Create sample.dat";
              }
              catch (Exception ex)
              {   textBox.Text = "Error creating file";
              }
          }
      
  3. Scenario2 で TextBox にタイプされた文字列を sample.dat に書き込みます。
    1. Scenario2.xaml にボタン(Write)と TextBox を設定します。
      ボタンにイベントハンドラ(Button_Click)を設定します。
      TextBox の AcceptsReturn をチェクして改行を許可して下さい。
    2. Scenario2.xaml.cs に Button_Click() 関数をコーディングします。
      using Windows.Storage;
      
          private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
          {   StorageFolder picturesLibrary = await KnownFolders.GetFolderForUserAsync(null, KnownFolderId.PicturesLibrary);
              StorageFile file = (StorageFile)await picturesLibrary.TryGetItemAsync("sample.dat");
              if (file != null)
              {   try
                  {   string str = textBox.Text;
                      await FileIO.WriteTextAsync(file, str);
                  }
                  catch (FileNotFoundException)
                  {   textBox.Text = "File NotFound";  }
                  catch (Exception ex)
                  {   textBox.Text = "Error Writeing";  }
              }
              else
              {   textBox.Text = "File Write Error Exception";  }
          }
      
  4. Scenario3 で sample.dat から TextData を入力して印字します。
    1. Scenario3.xaml にボタン(Read)と TextBox を設定します。
      ボタンにイベントハンドラ(Button_Click)を設定します。
      TextBox の AcceptsReturn をチェクして改行を許可して下さい。
    2. Scenario3.xaml.cs に Button_Click() 関数をコーディングします。
      using Windows.Storage;
       
          private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
          {   StorageFolder picturesLibrary = await KnownFolders.GetFolderForUserAsync(null, KnownFolderId.PicturesLibrary);
              StorageFile file = (StorageFile)await picturesLibrary.TryGetItemAsync("sample.dat");
              if (file != null)
              {   try
                  {   string str = await FileIO.ReadTextAsync(file);
                      textBox.Text = str;
                  }
                  catch (FileNotFoundException)
                  {   textBox.Text = "File NotFound";  }
                  catch (Exception ex)
                  {   textBox.Text = "Error reading";  }
              }
              else
              {   textBox.Text = "File Read Error Exception";  }
          }
      
  5. MyDocument にアクセスする為には manifest の設定が必要です。
    Package.appxmanifest をダブルクリックして、設定画面を表示します。
    機能タグから「ピクチャ ライブラリ」をチェックして下さい。
    (Web カメラ と マイクのチェックは不要です)

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)