Store Guid

Windows10(Store App) で作成する Windows Program の紹介です。

前田稔の超初心者のプログラム入門

開発環境

  1. C#(C++) Store Application の開発環境です。
    Windows のプラットホームや Visual Studio のバージョンが変わると何かと勝手が違うようです。
  2. C++ Store Application Visual Studio の履歴です。
    Visual Studio のバージョンによって操作方法や画像が異なることがあり、掲載(開発)時期によって違いがあるので留意して下さい。
    古いプロジェクトは、メニューから[プロジェクト][ソリューションの再ターゲット]を実行すると起動できる場合があります。
  3. 目的のアプリケーションが一覧に表示されない場合は、ウインドウ下部の「探しているものが見つからない場合さらにツールと機能をインストールする」を選択します。
  4. Visual Studio Professional 2019 16.1.2 で作成したプロジェクトが 16.2.3 で起動できません。
    実行画面も随分様子が変わっているようですが、どこかで間違ったのでしょうか? (^_^;)
        App1(アンロード済み)
    
  5. [空白アプリ(ユニバーサル Windows)]からデザイン画面を表示すると次のメッセージが表示されます。
    Visual Studio でこのコンテンツを表示するには、新しいバージョンの Windows が必要です。
    Windows 10, version 1903(10.0.18362.0) 以降に更新してください。
    
    当面は、直接 MainPage.xaml のソースコードを編集します。
  6. デザイン画面を使うときは、テンプレートから「C# Windows フォームアプリケーション(.NET Framework)」を選んで下さい。
    「C# Windows フォームアプリケーション(.NET Framework)」を選ぶと、昔馴染みのタイトルバーを持つプロジェクトが生成されます。
  7. 初めて実行すると DialogBox が表示されます。
    DialogBox から開発者モードに設定して下さい。

超初心者のプログラム入門(C# Frame Work)