TextChenge

TextBox のメッセージをボタンのクリックで切り替えます。
TextBox のプロパティを設定します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

TextBox

  1. Windows10(ストア アプリ)で MainPage.xaml に ツールボックスから TextBox を貼り付けます。
    Visual Studio で UWP(Universal Windows Platform) のプロジェクトを作成します。
    プロジェクトの作成は XAML で図形を描画 を参照して下さい。
  2. MainPage.xaml をダブルクリックしてレイアウトウインドウを表示します。
    ツールボックスから TextBox をウインドウにドラッグします。
    TextBox の位置とサイズを整えて下さい。

  3. TextBox を選択して、プロパティから次の項目を設定します。
  4. 右三角アイコンでコンパイル&実行します。
    「TextBox 表示テスト」が表示されるのを確認して下さい。
    C#でも同様のプログラム TextBox を作成しています。

メッセージの切り替え

  1. ボタンのクリックで TextBox のメッセージを切り替えます。
    このプログラムは先に作成したプロジェクトの続きです。
  2. TextBox に名前("textout")を設定して下さい。
  3. ツールボックスから Button を TextBox の左下にドラッグします。
    Button を二個並べて配置するので、位置とサイズを整えて下さい。
  4. Button を選択してプロパティの稲妻アイコンをクリックします。
    Click の右ボックスに "LeftButton_Click" とタイプします。
  5. 生成されたイベントハンドラ(MainPage.xaml.cpp)にソースコードを書きます。
        private void LeftButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            textout->Text = "Left Button Click";
        }
    
  6. Right Button を Left Button に習って設定して下さい。
        private void RightButton_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        { 
            textout->Text = "Right Button Click";
        }
    
  7. 右三角アイコンでコンパイル&実行します。
    最初は「TextBox 表示テスト」が表示されています。
    左ボタンをクリックすると「Left Button Click」が表示されます。
    右ボタンをクリックすると「Right Button Click」が表示されます。

超初心者のプログラム入門(C/C++)