W32 EditControl

EditControl を貼り付けて、少量のデータをタイプ入力します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. Windows10 & Visual Studio 2019 の環境で、EditControl から少量のデータをタイプ入力します。
    Visual Studio で [C++ Windows デスクトップ] のプロジェクトを作成します。
    プロジェクトの作成は W32 Hello を参照して下さい。
  2. WindowsProject1.cpp を修正します。
    ボタンクリックのイベントIDを定義します。
    #define IDM_COMPUTE (WM_APP + 0)
    
    ウインドウに張り付ける EditControl と Button のハンドルとメッセージを編集する領域を定義します。
    // グローバル変数:
    HWND    g_hEdit1;
    HWND    g_hButton1;
    WCHAR   work[80];
    
  3. WindowsProject1.cpp の WndProc() を修正します。
    WM_CREATE: で EditControl と Button を貼り付けます。
    Button をクリックすると IDM_COMPUTE のイベントが発生します。
        case WM_CREATE:
            g_hEdit1 = CreateWindow(L"EDIT", NULL, (WS_CHILD | WS_VISIBLE | WS_BORDER),
                           20, 20, 120, 25, hWnd, NULL, hInst, NULL);
            g_hButton1 = CreateWindow(L"BUTTON", NULL, WS_CHILD | WS_VISIBLE,
                           20, 60, 80, 30, hWnd, (HMENU)IDM_COMPUTE, hInst, NULL);
            SetWindowText(g_hButton1, L"実行");
            break;
    
  4. Button クリックのイベントをコーディングします。
    GetWindowText() で g_hEdit1 にタイプされた TEXT を work に取得します。
    SetWindowText() で TitleBar に表示します。
                switch (wmId)
                {
                case IDM_COMPUTE:
                    GetWindowText(g_hEdit1,work,80);
                    SetWindowText(hWnd, work);
                    break;
    
  5. x64 または x86 を選んで、右三角矢印(または F5 キー)でコンパイルします。
    プログラムを起動して EditControl に適当なメッセージをタイプして Button をクリックします。
    EditControl にタイプしたメッセージが TitleBar に表示されます。
    メニューから[ファイル][終了する]を選ぶとプログラムが終了します。
    Windows デスクトップ アプリケーションは UWP のように自動的にメニューに登録されることは無いようです。

超初心者のプログラム入門(C/C++)

超初心者のプログラム入門(C言語 Windows)