utf 対応 Binary Editor

utf-8, utf-16, Shift_JIS に対応した Binary Editor です。
修正箇所を16進数でタイプ入力して、直接 Binary 形式のファイルを修正します。

前田稔の超初心者のプログラム入門

Binary Editor の操作概要

  1. 圧縮ファイルを解凍して、例えば c:\bin\BinEdit.exe に格納して下さい。
    BinEdit.exe をダブルクリックするとプログラムが起動します。
  2. プログラムが起動するとファイル選択ボックスが表示されるので、編集するファイルを選択して下さい。
  3. 入力したファイルの先頭から256バイトが TextBox に表示されます。
    タイトルバーにはファイル名が表示されます。
  4. Text 表示の文字が化けるときは、表示から utf-8, utf-16, Shift_JIS, none を選択して下さい。
    Binary File では文字列表示が乱れるので none を選択します。
  5. ツールバーの「↓,↑」アイコンまたは、メニューから「"次ページ","前ページ"」を参照すると、次(前)のページが表示されます。
  6. 16進数を直接修正して「Uアイコン」または、修正を選択するとページが更新されます。
    この段階では、まだファイルの修正は行われていません。
    ページを変えて戻ると、修正前の状態に戻ります。
  7. バッファの内容をファイルに書き込むときは、メニューから書き込み(&W)を実行して下さい。
    バッファ単位で上書きするので、削除や追加は出来ません。
    不用意にファイルを変更すると、ファイルが使えなくなることがあります。
    修正するファイルの種類や内容を理解された上で使用して下さい。
  8. 同時に提供している「もらいなき.wav」は、一青ヨウの「もらいなき」です。
    再生速度を遅くしているので、平井堅が歌っているように聞こえます。
    修正する項目 バイト位置 元の値 変更する値
    サンプリングレート 24~4 Byte 44AC0000 D08D0000
    データ速度 28~4 Byte 10B10200 40270200

Down Load

BinEdit.exe の Down Load

もらいなき.wav(再生速度80%)