VS のプロジェクトで画像を描画

Visual Studio の環境で C++/CLR のプロジェクトを作成して、画像を描画します。
標準仕様 CLI を Microsoft 環境(Windows環境)で実際に使うために、用意したものが CLR(Common Language Runtime)です。

前田稔の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. プロジェクトは [Visual C++] [CLR] [空の CLR プロジェクト] を選択します。
    詳細は Visual Studio で C++/CLI のプロジェクトを作成 を参照して下さい。
  2. Image.cpp の名前で utf-8(BOM 有り)でタイプしてプロジェクトに加えて下さい。
    /*★ Image 画像を描画する    前田 稔 ★*/
    #using <System.dll>
    #using <System.Windows.Forms.dll>
    #using <System.Drawing.dll>
    
    using namespace System;
    using namespace System::Windows::Forms;
    using namespace System::Drawing;
    
    //フォームを作成するクラス
    ref class FormClass : public System::Windows::Forms::Form
    {
      private:
    
      public:
        //Constructor
        FormClass()
        {
            this->ClientSize = System::Drawing::Size(600, 400);
            Paint += gcnew PaintEventHandler(this, &FormClass::MyHandler);
        }
    
        void MyHandler(Object^ sender, PaintEventArgs^ e)
        {
            Bitmap^ img;
            PointF  pnt(20.0, 10.0);
            Graphics^ g = e->Graphics;
            img = gcnew Bitmap("c:\\data\\test\\ffx2s.jpg");
            g->DrawImage(img, pnt);
        }
    };
    
    //★ main() 関数
    int main()
    {
        // メイン ウィンドウを作成して、実行します
        Application::Run(gcnew FormClass());
    
        return 0;
    }
    
  3. 事前に "c:\data\test\" のフォルダに "ffx2s.jpg" を格納しておいて下さい。
    Visual Studio のメニューから、ビルド(コンパイル)に続いて実行を行うと、画像(ffx2s.jpg)が描画されます。

超初心者のプログラム入門(C/C++)