じゃんけんゲームのプレイ

C# ASP.NET でコンピュータを相手に「じゃんけん」をするステージを作成します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

ゲームのステージを作成する

  1. デザイン画面の設計では、次のコントロールを順に配置します。
    1. タイトル(ニックネーム&"コンピュータ")
    2. 人間側とコンピュータのグー,チョキ,パーの画像を横に並べる(最初はグー)
    3. 勝負の結果を表示する Label
    4. グー,チョキ,パーを選択するラジオボタン(RadioButtonList が便利)を設定
    5. 人間側の勝ち数を Label を付けて TextBox で表示
    6. コンピュータの勝ち数 Label を付けて TextBox で表示
    7. 勝負のボタン
    8. ニックネームを格納する非表示の領域
  2. 最初の Page_Load 関数で、次の処理を行います。
    1. ニックネームを取得して非表示の領域に保存
      非表示領域とは、ポストバックはされるが、画面には表示されない領域のことです。
      ポストバックの仕組みと非表示領域の必要性は ポストバックされる「現在のページ情報」を確認 を参照
      ニックネームの取得は 次のステージにリンクする を参照
    2. タイトルを編集して表示
    3. 人間側とコンピュータのグーの画像を表示
      RadioButton で画像を選択 を参照
    4. 勝ち数(TextBox)をクリア
    5. RadioButtonList の設定
      Query でボタンの個数を渡す を参照
  3. 勝負のボタンのクリックで、次の処理を行います。
    1. ラジオボタンで選択された手(選択された番号)を取得
          int     i;
          i = RadioButtonList1.SelectedIndex;
          
    2. 乱数でコンピュータの手を決める
    3. 人間側とコンピュータの画像を表示
    4. 人間/コンピュータの勝ち数をカウント
    5. 勝負の結果を表示する
  4. ゲームの終了ボタンのクリックで、最初のステージに戻ります。
  5. これぐらいのプログラムになると、エラーを見つけるのは大変です。
    WebMatrix で生成したそのままのソースコードなら、エラーを起こさずに実行できるはずです。 (^_^;)
    そのソースコードをベースに、動くことを確認しながら欲張らずに少しずつ進めて行って下さい。
    ほんの些細な一個の文字を間違っても、サーバーからはエラーの通知が届くだけです。
    正直なところ、私もこのプログラムには随分手間がかかりました。
  6. Visual Studio .NET2005 を使ってコードビハインドで開発すれば、文法エラーなどは簡単にチェックしてくれるのですが。 (●^o^●)
    ただし、この場合には C# コンパイラが必要で、ただでプログラムとは行かないかも知れません。 (^_^;)

jyanken_a1.aspx のソースコード

jyanken_a2.aspx のソースコード

_jyanken_a3.aspx のソースコード

_jyanken_a4.aspx のソースコード

jyanken_a5.aspx のソースコード
ソースコードが表示されない場合は、ブラウザのメニューから「ソースの表示」を選択して下さい。

超初心者のプログラム入門(C# on-line game)