コードビハインド

C# ASP.NET で画面表示(.aspx)とロジック(.cs)を分離します。

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. Hello ASP.NET と表示するプログラムのファイル hello2.aspx と hello2.cs を分離します。
    このようにユーザーフェイス(画面表示)とコード(ロジック)を分けることを「コードビハインド」と呼びます。
  2. hello2.cs のファイルです。
    (1)C# コードファイルに分離させる場合は、ネームスペース(名前空間)の宣言が必要になります。
    (2)外部から呼び出すため、public 指定になり、class を明示する必要があります。
    // hello2.cs
    using System;                   ---(1)
    using System.Web.UI;
    using System.Web.UI.WebControls;
    public class hello2 : Page      ---(2)
    {
        public Button Button1;
        public TextBox TextBox1;
        public void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            TextBox1.Text = "Hello ASP.NET!!";
        }
    }
    
  3. hello2.aspx のファイルです。
    (1)ソースを分離する場合は、Language 指定がいらない代わりに Src (ソースファイル) と Inherits (クラス名) が必要になります。
    <!-- hello2.aspx -->
    <%@ Page Src="hello2.cs" Inherits="hello2" %>    ---(1)
    <html>
    <body>
        <form runat="server">
        <p>
            <asp:Button id="Button1" onclick="Button1_Click" runat="server" Text="Click">
            </asp:Button>
            <asp:TextBox id="TextBox1" runat="server">
            </asp:TextBox>
            <!-- コンテンツをここに配置してください。 -->
        </p>
    </form>
    </body>
    </html>
    

【NOTE】

コードビハインドするときは C# のファイル名を「aspxファイル名.cs」とするのが慣例です。
慣例に従えば、今回の場合は「hello2.aspx」と「hello2.aspx.cs」になるのですが? (^_^;)
解りやすくするために簡明なファイル名を使いました。

hello2.aspx のソースコード

hello2.aspx を呼び出す

超初心者のプログラム入門(C# on-line game)