ボタンのクリックでクッキーを表示

C# ASP.NET でボタンのクリックで登録されているクッキーを表示します。
クッキーと言ってもお菓子では無く、キーと値の組み合わせ配列のような物です。 (^_^;)

前田稔(Maeda Minoru)の超初心者のプログラム入門

プログラムの説明

  1. ボタンをクリックすると、画面に直接クッキーの一覧を表示します。
    画面表示(HTML)に [Button] だけを配置して下さい。
  2. クッキーとはクライアント側のマシンに「キー=文字列」の形式でユーザーのIDなどを記録する機能です。
    クッキーを使うとサーバー側での管理が容易になり、前回の状態を再現したり、再接続時のタイプ入力を省略することが出来るようになります。
    良いことばかりでは無く、ウイルスソフトなどがクッキーを利用して不正に情報を収集/設定することもあり、どちらかと言えば嫌われ者かも知れません。
    決してクッキー自身が悪いのではなく、それを使う人間側の問題でクッキーが怒っているかも知れません。 <(`^´)>
  3. ボタンをクリックすると Button1_Click 関数が呼び出されます。
    コメントを見ていただければ、およそ理解出来るでしょう。 (^o^)/
    Query のときにも説明しましたが、Response.Write 関数で出力された文字列が HTML のソースコードとしてブラウザに送られて表示されます。
    この関数はプログラムのデバッグ情報を収集するときにも便利な関数です。
         void Button1_Click(object sender, EventArgs e)
         {
             int loop1;
             // クッキーのコレクションを定義
             HttpCookieCollection MyCookieColl;
             // クッキーを受け取る領域を定義
             HttpCookie MyCookie;
    
             // コレクションにクッキーを割り当て
             MyCookieColl = Request.Cookies;
             // 文字列配列にすべてのクッキーの名前を取得
             String[] arr1 = MyCookieColl.AllKeys;
             // クッキーの名前で個々のクッキーを検索
             for (loop1 = 0; loop1 < arr1.Length; loop1++)
             {
                 // クッキー型の変数に個々のクッキー代入
                 MyCookie = MyCookieColl[arr1[loop1]];
                 // クッキーの名前・期限・安全性・値を表示
                 Response.Write("Cookie: " + MyCookie.Name + "<br>");
                 Response.Write("Expires: " + MyCookie.Expires + "<br>");
                 Response.Write("Secure:" + MyCookie.Secure + "<br>");
                 Response.Write("Value:" + MyCookie.Value + "<br><br>");
             }
        }
        
  4. ホームページが表示されたらボタンをクリックして下さい。
    登録されている全てのクッキーが画面に表示されます。
  5. クッキーはインターネットエクスプローラなどのブラウザから[インターネットオプション][閲覧の履歴]で削除することが出来ます。

cookie.aspx のソースコード

cookie.aspx を呼び出す

超初心者のプログラム入門(C# on-line game)